超軟水のピュアウォーター | 軟水と硬水の硬度の違いは?

日本で買うことのできるミネラルウォーターには、国内産と海外産のものがあります。
ふたつを飲み比べてみるとよくわかりますが、やはり多くの人が国内産の水を飲みやすいと感じるようです。
国内産と海外産のミネラルウォーターの一番の違いは何かというと、硬度です。
硬度の低い水を軟水、反対に硬度の高い水のことを硬水と呼びます。
最近はダイエットや美容を気にする人がミネラルを多く摂るために硬水を選んで飲むようですが、赤ちゃんのミルクを作る時には注意が必要です。
ミネラルを多く含んだ硬水は粉ミルクが溶けにくく、しかもまだ体内の機能が未熟な赤ちゃんには負担になります。
特に負担がかかるのは腎臓で、場合によっては下痢になることもあります。
この点に関しては稀に大人にも見られることなので、ミネラルウォーターを選ぶ時には軟水か硬水かを確認してから買うと良いでしょう。
赤ちゃんのミルクに使うのであれば、軟水を選べば問題はありません。

日本の水道水は軟水?硬水?

軟水 中軟水 硬水
日本の基準 50mg未満 50~100mg未満 100~350mg未満
WHOの基準 60mg未満 60~120mg未満 120~180mg未満

水には軟水と硬水があり、ミネラル成分(カルシウムとマグネシウム )の濃度によって分類されています。
日本の一般的な基準では、軟水は硬度50mg未満(100mg未満を中軟水)とされています。
(WHOの基準では60mg未満を軟水、120mg未満を中軟水)
日本の水道水の硬度は地域により違いますが、50~60mgの地域が多く、平均では80mg前後で、軟水の地域が多くなっています。
国内で市販されている普段飲むことの多いミネラルウォーター(ペットボトル)の硬度は、30~80mg前後で軟水になります。
また、外国のミネラルウォーターは硬度が高く、ほとんどが硬水になります。

軟水と硬水のミネラルウォーター

硬度が一定基準より低いもの、すなわちミネラル分があまり含まれていないミネラルウォーターを軟水と言います。
軟水は浸透性が高く、吸収性に優れているので体にかかる負担が少なく、新陳代謝を促進して老廃物の排出をスムーズにします。
体調が悪い時や胃腸の弱い方、小さなお子さんや赤ちゃんにも水分補給に適しています。
すばやく浸透・吸収するので、料理などに利用する場合は和風ダシの昆布やかつおのグルタミン酸などの旨み成分を引き出し、香り高く仕上がります。
緑茶やコーヒー・紅茶、炊飯など浸透・吸収力の高さで味を引き立てる素材にはピッタリです。

一方、硬度が一定基準より高いもの、すなわちミネラル分が多く含まれているミネラルウォーターを硬水と言います。
硬水はスポーツの後のカルシウム補給や便秘解消などに効果があるとされていますが、料理などに利用する場合は肉の臭みをおさえたり、アクを出しやすくするので、洋風のダシをとったり肉を使った料理・煮物など、また、パスタを茹でる時に使うとコシが出て調理にピッタリです。
また、コーヒーなど苦味や渋みがおさえられ、まろやかになり飲みやすくなります。
他に、現在日本で売られている洗剤や石鹸などは、日本に多い軟水にあわせて作られていますので、もし硬水で日本の洗剤や石鹸を使って洗おうとしても大変泡立ちにくいです。

超軟水のピュアウォーター

超軟水は、ミネラルを含む人体に影響のある不純物を可能な限り除去した純水で、ピュアウォーターともいわれています。
日本の水は軟水なので、ピュアウォーターは日本人の口や身体に合った水ともいえ、ヘルシーでとても飲みやすいのが特徴です。
赤ちゃんのミルク用として市販されているピュアウォーターには、「森永やさしい赤ちゃんの水」や「ベビーのじかん 赤ちゃんの純水」があります。
もちろん大人の水分補給としてもおすすめで、コーヒーやお茶、紅茶を淹れたり、普段の料理にも使えますし、お酒の水割りも美味しくいただけます。
ウォーターサーバーで購入できる超軟水は硬度1.05で、とても細かいフィルターで一般の浄水器では除去できない微小な化学物質まで取り除いた安全な水です。
また、ミネラル分のバランスを崩すことなく栄養成分を損なわないため、赤ちゃんの粉ミルクに安心して使用できる水として人気があります。

ピュアウォーターのウォーターサーバー人気No.1

  1. アルピナウォーター

    アルピナウォーター

    おすすめ 5.0
    低コスト 5.0
    配送方法 4.0
    レンタル代:
    872円(税別)
    水料金(12L):
    1,050円(税別)
    電気代(月):
    約580円~

    アルピナウォーターは、北アルプスの大自然の恵みを極限まで磨き上げた水です。
    自然のフィルターでろ過されて湧き出した雪解け水を、採水地近くの工場で活性炭フィルターなどでろ過した後、さらにRO(逆浸透膜)システムで千分の1ミクロンの極小フィルターで分子レベルまでろ過します。
    そこまで磨き上げられた硬度1.05のピュアウォーターは、溶解率が高く赤ちゃんの調乳の際にも粉ミルクの栄養成分を損なうことがありません。
    また、不純物が限りなく除去されていますので、健康に気を使う妊娠中の方や授乳時のお母さんもなど安心して利用することができます。

    アルピナウォーター公式サイトはこちら

ピュアウォーターを飲んでいる女性に聞いてみよう

ミルク作りにいいと思ってアルピナウォーターにしてみたけど、普通に私たちが飲んでも美味しいよね。

そうだよね。ピュアウォーターはミネラルを含まないから味がないのかと思ったら、飲みやすくてびっくりしたよ。

コーヒーも美味しく淹れられるし、ご飯を炊くときに使うと水道水よりも全然味が違うから試してもらいたいな。

お米を味わって食べるようになるよね。

あとお酒を割るときに使うとこれがまたいいのよ。おすすめ!

私はカップラーメンにピュアウォーターを使ったら、凄く美味しく感じたのが衝撃だったな。

本当に何でも美味しくなるから、迷っている人はアルピナウォーターを試して欲しい。

ウォーターサーバー自体がもう便利で、冷水と温水がいつでも使える生活に慣れてしまったよ。

そうだね。私もポットを使わなくていいのがこんなに便利なのかって思ったよ。

水を飲むようになって身体の調子もいいし、健康に気をつけるようになったのも嬉しいかな。

ピュアウォーターについてのQ&A

ピュアウォーターはミルク作りに使えますか?
ピュアウォーターはミネラルを含まない純水なので、粉ミルクのミネラルバランスを崩さずに赤ちゃんに与えることができます。
そのため、ミルク作りに最適な水ともいえます。
市販されているピュアウォーターはありますか?
赤ちゃんのミルク用の水として販売されている「森永やさしい赤ちゃんの水」「ベビーのじかん 赤ちゃんの純水」なども、ミネラルをほとんど含まないピュアウォーターになります。
ピュアウォーターは大人が飲んでもいいの?
ミネラルを含まないため味がしないと思われるかもしれませんが、飲んでみればその美味しさを感じられるはずです。
コーヒやカップスープはもちろんのこと、料理水にも最適で、素材に浸透して素材本来の味を引き出してくれます。
ピュアウォーターのウォーターサーバーを利用するメリットは?
家庭にウォーターサーバーを置く一番のメリットは、いつでもワンタッチで冷たい水と温かいお湯が使えることでしょう。
電気代はポットを使うよりも節約になりますし、実際に利用してみると、とても便利に感じると思います。

ページの先頭へ