浄水器で水道水の放射性物質は除去できる?

ミネラルウォーターを飲料水として都度お店で買っていると、お店に行ったり重いボトルを持って帰る手間などがかかります。
こうした手間を省くために、水道の蛇口に家庭用の浄水器をつける方も多くなってきました。
東日本大震災による原発事故の後、放射線物質を気にしている方が浄水器を探しているのをよく耳にします。
しかし、一般的に市販されている家庭用の浄水器の中に、確実に放射線物質を除去できるものは恐らくないのではないかといわれています。
国内で販売される浄水器は、基本的にはより安全で味の良い水を飲むために作られたものです。
放射能物質の問題を除けば、味や香りに関しては塩素やカビなどのニオイを除去する機能は優れたものがあり、家庭の水道の蛇口に手軽に取り付けができるのも良い点といえるでしょう。
浄水器を購入する際には、ろ過や活性炭、セラミックス、逆浸透膜など、どのような方法で不純物を取り除くのかという点を確認することが大切です。
また、一般に販売されている浄水器とウォーターサーバーのRO水を作る浄化システムでは、不純物を除去するフィルターの細かさの桁が違いますので、放射性物質を除去する目的で家庭用の浄水器を購入するのは、あまり現実味がありません。

浄水器を使用すれば水道水は安全?

浄水器は、塩素やトリハロメタンなど身体に有害とされる物質を取り除く効果のあるものです。
特に家庭用として一般的に販売されているものは、身体に有害な物質をろ過し、人間の身体に必要なミネラルは残すといった機能のものが多く見られます。
一般的の浄水器に関しては、水道水に放射能の心配がない状態のときであれば安全で美味しい水になるでしょう。
しかし、放射性物質を取り除きたい場合は、現在日本国内で買える家庭用の浄水器の中には該当するものがないといって良いでしょう。
セシウムやヨウ素の放射性物質は、煙と同じくらい粒子が細かいとされていますので、ろ過するには時間とコストがかかってしまいますし、浄水器で行うとしたらろ過式のものが多いため、人間に必要な成分まで奪ってしまいます。
放射能を取り除いた安心できる水をと考える場合は浄水器では難しいため、ミネラルウォーターの購入など他の方法を考えたほうが良いでしょう。

水道水に含まれる放射性物質の影響について

新生児など乳児期の赤ちゃんをお持ちのお母さんは、水道水を使うことに毎日ためらいを感じているのではないでしょうか。
赤ちゃんは毎日相当量のミルクを飲みますし、健康への影響を考えると今は水道から出る水を飲ませたくないというご家庭も多いでしょう。
厚生労働省は、水道水の飲用をなるべく控え、代替となる飲料水が手に入らない場合には水道水を飲んでも差し支えないとしています。
また、放射線量から推定しても「ただちに健康に支障をきたすレベルではない」としています。
ただ、毎日の水道水の放射性ヨウ素の検出量は気にかけておくべきでしょう。
規制値以上の水はやはり飲まないほうが賢明な選択だと言う専門家もいます。
しかし、あくまで現在までの放射線レベルから言っても何度か飲んだだけでどうにかなるというわけではありません。
それよりも、ミネラルウォーターがないからミルクを飲ませないと考えることで赤ちゃんが水分の摂取不足になることのほうが危険だといわれています。

浄水器で放射性物質は除去できる?

東日本大震災による原発事故で流出したセシウムとヨウ素の除去は、家庭用の浄水器でも、最新式の浄水器でも、残念ながら期待できないと言って良いでしょう。
原発事故を機に各メーカーで研究が進み、きちんとしたデータが出れば今後家庭用の浄水器で放射線物質を除去できるものも出てくるかもしれません。
しかし、現在各メーカーで製造されている一般的な浄水器は、放射線物質を除去する目的で作られているわけではありません。
今まで意識せずに飲んできた水なのに、このようなことを聞くと赤ちゃんでなくても安心して飲むことはできませんね。
水に溶け込んだ放射線物質を飲めば微量ずつ内部被ばくをしていくことになりますから、まだ身体が未発達な赤ちゃんに飲ませるのは不安を感じます。
そのため、ボトル入りのミネラルウォーターばかりに関心が集まっていますが常時確保できない可能性もあるため、水源やろ過方法がはっきりしたウォーターサーバーの導入を検討するのも有効でしょう。

放射能物質が除去できる家庭用浄水器は?

家庭で使用する目的で販売されている浄水器で放射線ヨウ素を除去できるのかということについては、「ほぼ不可能」といって良いことがわかりました。
実際のところ、実はそれぞれの浄水器メーカーできちんとした結果が出ていないだけで、本当は少しは除去できるものがあるのかもしれません。
しかし、放射能物質に関してここまでの状況を想定することは、これまでは想像ができなかったことです。
そのため浄水器メーカーでも、今まで放射能に汚染された水をきれいにできるかどうかという実験をしたことはなかったようです。
「できない」というよりも「わからない」といったほうが正しいということでしょう。
しかし放射能の専門家の意見によると、物質の大きさなどから普通の浄水器で除去することは無理ということなので、あまり効果は期待できないと考えたほうが良いでしょう。
安心できる水を確保するには、別の方法を考えたほうが良いかもしれません。

逆浸透膜浄水器での放射線物質の除去

逆浸透膜方式とは、水に含まれる物質をすべて除去し、RO水と呼ばれる無味無臭の「真水」にする方法です。
名前の通り浸透膜を使って行い、溶け込む水以外のすべての物質を除去することが可能といわれています。
そのため、放射線物質も除去できるのではないかという声があります。
逆浸透膜がアメリカのNASAによって開発されたものであることも、可能性があるのではないかと考えられる大きな理由のひとつでしょう。
逆浸透膜浄水器は高圧をかけてろ過するため、電気代がかかります。
また、ろ過するためにはもともとの水量の3分の2ほどが排水となります。
つまり、浄水器本体や定期的なメンテナンスの料金に加え、電気代と水道代が高くなるデメリットがあります。

小さな子供のいる母親が水で気をつけていること

浄水器はつけてるけど飲み水としては使わないよね?どう?

私もそう。浄水器をつけていても水道の蛇口から出てくる水を飲むのはちょっとね…

浄水器を通した水をミルクに使用してる?

使ってないよ。東京に住んでるのもあるかもしれないけど、3.11の震災の後からは飲用水として使うのはウォーターサーバーの水だけだよ。

そうだよね。私もRO水のウォーターサーバーを置くようになって、ミルクにも使ってるよ。

実家に帰ったときにも、水道水が飲めるような田舎だけど、母親がスーパーのRO水を用意しておいてくれてたな。

一度水道水が不安になってしまうと、震災から時間が経ってもなかなかその意識は変わらないよね。

自分でも水道水を飲めないのに、子供に飲ますのはね。

あ、でもウォータースタンドは使ってみたい気もするよ。

あれいいよね。水道水をろ過した水がウォーターサーバーから出てくるから、私でも飲めそうだし、ニオイとか気にならないか飲んでみたい。

実際に飲めるかどうか試してみたいよね。

水道水が飲めなくなってしまった私の身体を救ってくれるかもしれない…

ページの先頭へ